日本企画計画学会
 

Japan Planology Society

  日本語 English Korean
 
 
  東京支部の行事
東京支部

ブレイクスルー思考11月度定例研究会

日  時: 11月17日(土)13:00~17:00
※開催時刻が定例より時間前倒しになっていますのでご留意ください
会  場:
京橋プラザ区民館3階4号室
所在地:東京都中央区銀座1丁目25番3号
アクセス:都営浅草線宝町駅A1出口または有楽町線新富町2番出口
内 容:

⑴ 発表1 
テーマ: 企業戦略のあるべき姿とブレイクスルー思考
発表者:鈴木茂幸氏(日本精工株式会社 取締役) 
内容:
特定解としての企業戦略
Fit したブレイクスルー思考の3つの質問
戦略策定における科学的思考の限界
戦略の持つ Risk と Opportunity
戦いの本質から考えるあるべき姿
進め方は、参加者との双方向対話形式とします。
(持ち込み課題) 『統合会社のコアコンピタンスの活かし方』

⑵ 発表2
テーマ:外国人観光客向けの体験型浅草会員観光サービスの設計
発表者:伊藤彰彦氏
内 容:
1.大略案と未来解、システムン詳細設計と生解の双方からの検討
2.工業経済社会からサービス経済社会への移行と2つの思考
3.2つの思考の未来のあるべき姿

ファシリーダー:和田耕太郎氏(JPS幹事)

※終了後希望者がいれば会員と夕食(居酒屋で懇親)の場を設けます。

参加費:2,000円  会員無料

お問い合わせおよびお申し込み先
下記リンク下部申し込みボタンから、なおお問い合わせは下記リンク右上段のバナーからお願いします。
http://breakthrough-tokyo.appspot.com/

主 催:日本企画計画学会東京支部


ブレイクスルー思考入門講座

日  時: 11月28日(水) 19:00~21:00
会  場:
京橋プラザ区民館3階4号室
所在地:東京都中央区銀座1丁目25番3号
アクセス:都営浅草線宝町駅A1出口または有楽町線新富町2番出口
内 容:

ブレイクスルー思考に初めて接する方向けの入門講座です。
講 師:松永譲治氏(JPS東京支部長 上級インストラクター)

参加費:3,000円 
案内チラシはこちら

お問い合わせおよびお申し込み先
下記リンク下部申し込みボタンから、なおお問い合わせは下記リンク右上段のバナーからお願いします。
http://breakthrough-tokyo.appspot.com/


主 催:日本企画計画学会東京支部


  名古屋支部の行事
名古屋支部
終了しました
11月度ブレイクスルー交流会


日 時: 11月13日(火)18:30〜  終了後懇親会
会 場: 欧風居酒屋サヴァサヴァ
 会場地図
       名古屋市熱田区金山町1-2-8 052-682-8580   金山総合駅より徒歩2分  052-682-8580

テーマ: "撮影/編集"サービスのあるべき姿について考えよう!その2
※10/16に開催した内容の続きですが、ふり返り等行いますので、前回ご参加いただけなかった方も是非ご参加ください。
内 容:案内チラシよりご覧ください。

ファシリーダ: 名古屋市役所 佐藤 慶和 氏
話題提供: 愛知淑徳大学 村瀬 未佳 氏

プログラム:
18:30 開始 ~ 挨拶
18:40 内容説明
19:00 ワーク開始
20:20 終了(乾杯!)

参加費:100円  懇親会費 3,500円
※ただし、懇親会不参加の場合の参加費は500円
居酒屋のスペースを使いますので懇親会には是非ご参加ください。

参加申込:下記アドレスまでご連絡願います。
E-Mail : y.sato.86@city.nagoya.lg.jp
日本企画計画学会名古屋支部 佐藤宛


主 催: 日本企画計画学会名古屋支部 交流部会

ブレイクスルー土日勉強会
開催日時および会場は主催者ページよりご覧ください。

[標準プログラム]
14:00 ~ 14:15
ご挨拶、本日の趣旨説明
  中小企業診断士
 加藤 亘氏
14:15 ~ 14:30
 ブレイクスルー思考の説明
14:30 ~ 14:45
 本日、考えていく事業の説明
14:45 ~ 17:30
 実習

[標準会費] 
一般 : 2,000 円  学生 : 500 円
※ 学生料金はお願いする作業があったら手伝っていただく前提です。

[会員割引]
創業デザイン研究会:1,000 円引  日本企画計画学会:1,000 円引

[懇親会]
近くの会場にて懇親会を行う予定です。是非ご参加ください。
予価4,000円程度

申し込み先・主催:創業デザイン研究会

協力:日本企画計画学会名古屋支部
 
  GHIC分会の行事
 GHIC分会
GHIC12月度研究会


日 時: 12月1日(土)午後1:30より 5:30まで
会 場: 中京大学名古屋学舎4号館2階42Gゼミ教室

       名古屋市昭和区八事本町101−2  052-835-7111  八事駅より徒歩2分
内 容: ファシリーダー養成講座についてみなさんとBTで検討したいと思います。
事前にテキスト(企画の賢人)のファシリーダーに関係する箇所をお読みいただくと検討が効率化されます。

参加資格:日本企画計画学会会員および会員紹介者
参加費:無料

お問い合わせおよび申し込み先 日本企画計画学会GHIC分会 三輪宛にご連絡下さい。
E-Mail : naoshimiwa@gmail.com

  ブレイクスルーマーケティング分会の行事
EBTマーケティング分会 終了しました
ブレイクスルーマーケティング分会第3回研究会


日 時: 11月8日(木)16:00~19:00 
会 場:
名古屋工業大学     11号館2階会議室
内 容: デーリーファームのBT戦略事例発表

参加資格:日本企画計画学会会員および会員紹介者
参加費:無料

お問い合わせおよび申し込み先  日本企画計画学会マーケティング分会 藤田宛
E-Mail : fujita.motohiro@nitech.ac.jp


  人工知能研究分会の行事
 AI分会
人工知能研究分会12月度研究会


日 時:12月8日(土)13:30〜16:30  
会 場: 日本企画計画学会本部

       愛知県長久手市郷前2275-1
テーマ:チャットボットの開発
     (1)docomo Developer Support によるAIチャットボット
     (2)WatsonによるAIチャットボット
内 容:AI分会は、次のステージで開発を進めています。ステージ1[ペッパーによるEBTファシリーダー開発]を終了し、ステージ2〔EBTのAI展開〕を今回から開発スタートします。

参加資格:日本企画計画学会会員および会員紹介者
参加費:無料

お問い合わせおよび申し込み先 日本企画計画学会本部 hibino110@gmail.com

  連携学会の行事  
  終了しました
第57回クリエイティブサロンのご案内


主 催:学術研究団体 日本創造学会
開催日:2018年11月10日(土)
会 場:SSBC(スマートシニアビジネスクラブ)本部会議室  地図
定 員:定員36名 ※メール申込で先着受付
所在地:東京都中央区京橋2-8-1八重洲中央ビル8F
・JR「東京駅」八重洲南口 徒歩5分
・東京メトロ銀座線「京橋駅」6番出口 徒歩1分


参加費: 会員/無 料  非会員/参加費1000円
※懇親会(希望者)は4,000円程度の実費

《スケジュール》
※クリエイティブサロンは2部構成です。
 
12:45     開場
13:00-14:30 第1部 講演会 講師:金 恩恵氏 (北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科准教授)
14:30-14:45 休 憩           
14:45-17:15 第2部 ワークショップ 講師:永谷研一氏(発明家、株式会社ネットマン代表取締役社長)   
17:15~    別会場にて懇親会

【第1部講演会】 
テーマ: 「イノベーション教育とイノベーションワークショップ」  
Innovations in higher education and a study of designing a workshop
※英語での講演ですがスライドは日本語+英語です。(質問は日本語,英語どちらでもOKです)

講 師: 金 恩恵 氏                    

(講師プロフィール)
北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科准教授 (2017~現在)
韓国高麗大学政経学部政治学士卒業後総合商社勤務、ソウル大学国際大学院国際通商学修士、修士で米国ジョージアテック(Georgia Institute of Technology)で技術と国際学の融合過程交換留学生として履修、経営コンサルタントと企業の社会的責任財団でマネージャーとして勤務し、中国のプロジェクトを主導、以後、ソウル大融合科学技術大学院博士課程在学中にドイツのアーヘン工科大学リサーチフェローシップに参加、その後文部省奨学生として東京大学工学系研究科社会基盤専攻国際プロジェクト研究室でイノベーションワークショップのデザイン研究で博士号を取得。東大知識構造化センター研究員を経て、韓国にイノベーション教育プログラムを普及するプロジェクトを主導。


(講演概要) 
大学改革が求められる中、イノべーション教育への関心が高まっている。様々なワークショップ形の教育プログラムが導入されてきたが、これに対する研究はまだ十分とは言えない。本講演では、これまでのイノベーションワークショップで創出されたアイデアの評価の方法論と、さらに革新的アイデアを創出するためのワークショッププロセスのデザイン方法の研究について議論する。さらに、大学と学会が新しい時代のニーズに応えて、あるいは変化を主導するのため教育改革をしていくために、どのようなアプローチが必要なのか議論する。

In response to the profound technological, social, and economic transformations, researchers and educators in higher education have tried to innovate the educational programs. Many of higher education institutes have adopted the workshop programs, however, there are not enough research on how to design the workshop to enhance the creativity or innovative idea generation. This lecture will discuss the results from the research on workshop process design and the future directions on innovations in higher education.
(講演は英語ですがスライドは日本語+英語です)

【第2部 ワークショップ】
テーマ:〜自己肯定感を向上し、行動変容力を上げる〜 「できたことノート実践講座」
講 師:永谷 研一 氏 (発明家、株式会社ネットマン代表取締役社長、情報コミュニケーション学会 評議員)


(講師プロフィール)
1966年静岡県沼津市生まれ。東芝テック、日本ユニシスを経て
1999年株式会社ネットマンを設立。2001年より学校教育においてケータイ端末を活用した「アクティブラーニング」を手がけるICT活用教育のパイオニア。企業向けには行動変容を支援するITシステムを考案・開発し、日米で特許を取得する。
三菱 UFJ 銀行や楽天、日立グループなどの企業の人材育成において12000人以上の行動実践データを分析し、目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」を開発、130社に導入される。地元で科学の実験教室のボランティア活動をする4人の父。

著書:
『絶対に達成する技術』(KADOKAWA)
『人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術』(Profuture)
『1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート』(クロスメディア・パブリッシング)
『できたこと手帳』(クロスメディア・パブリッシング)
『月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい』(ダイヤモンド社)

(ワークショップ概要) 
自分がやりたいことを行動に移そう、チャレンジしてみよう!と思ってもブレーキが掛かって行動に移すことができない時があります。
踏み出す時には不安もありますが、不安やネガティブな感情とも向き合いながら、自分ができたことを見つけて自信につなげ、それをさらに磨いていく手法、それが「できたことノート」です。
著書「できたことノート」は2016年の発刊以来、さまざまな媒体・雑誌等に取り上げられ教育のみならず人財育成、組織開発の分野でも注目されています。
行動変容の専門家 永谷研一氏による「できたことノート実践講座」では、ワークシートを用いて「できたこと」の見つけ方、行動を変える手法を学び、「よい習慣」を無理なく身に付ける方法をお伝えします。

【アジェンダ】
・できたことの見つけ方(Happy、Number、Personメガネ)
・自分と向き合う、内省のための4つの要素
・行動力をアップする、クリティカルシンキング手法
・ありたい姿を見つけるためには

※参加希望の方は、メールにてjcs-info@japancreativity.jpまでお申し込み下さい。
サロンはどなたでも参加できます。
下記[  ]内についてお知らせ下さい。
※懇親会をお申込の方でキャンセルする場合は2日前までにご連絡下さい。

[氏名/所属/会員or非会員/懇親会参加の有無] 
      会員とは日本創造学会会員のことです。日本企画計画学会会員は非会員となります。