日本企画計画学会
 

Japan Planology Society

  日本語 English Korean
 
 
  東京支部の行事
東京支部

ブレイクスルー思考5月度定例研究会

日  時: 5月25日(土)13:00~17:00
会  場:
京橋区民館2号室(通常と会場が異なりますのでご注意ください)
所在地:東京都中央区京橋2-6-7
アクセス:都営浅草線宝町駅A6・A5出口または銀座線京橋駅6番出口

内 容:

5月の定例研究会は実際課題によるブレイクスルー思考実践トレーニング(思考ワークショップ)の場です。競争が激しくなってきているある婚活相談所では、まったく新しいイベントを企画しようとしています。婚活相談所という業態事情を理解し、ブレイクスルー思考で新たなイベントを企画するためのワークショップを開催し、会員の思考トレーニングの場とします。

⑴ 発表 『ビジネス環境でのブレイクスルー思考の実践について』  
⑵ ブレイクスルー思考の実践トレーニング(BTTワークショップ)    
   『婚活市場』におけるブレイクスルー思考での課題解決へ
   テーマ:結婚相談所事業の婚活での新しいイベント開発について

発表・ファシリーダー:真鍋明彦氏(JPS東京支部 副支部長)

スケジュール:
13:00~ 『婚活市場』の現況とマーケットについて            
13:30~ 人間フェーズ(誰・どこ・いつの参画巻き込み)
     目的フェーズ(着眼目的と価値観決定まで)
15:10~ 休憩
15:20~ 未来解フェーズ (究極のコンセプト~ターゲットコンセプト)
     あるべき姿と実現のアイデア
16:20~ 発表・振り返り
17:00  終了

参 加 費:非会員3000円、会員無料

※終了後希望者のみ居酒屋で懇親会17:30~を予定しています。(会費制)

出欠連絡は日本企画計画学会東京支部ホームページより
東京支部会員は各会員IDおよびパスワードにて会員ページよりお願いします。
本部・他支部会員および一般の方はevent欄申し込みボタンよりお願いします。
http://breakthrough-tokyo.appspot.com/

お問い合わせ
下記リンク右上段のバナーからお願いします。
http://breakthrough-tokyo.appspot.com/

主 催:日本企画計画学会東京支部


予告
ブレイクスルー思考6月度定例研究会

日  時: 6月29日(土)13:00~17:00
会  場:
京橋プラザ区民館4号室

内 容:
⑴ 特別講義 『デザイン思考について』 日本企画計画学会会長 日比野省三  
⑵ 発表 テーマ:未定

発表:打田浩明氏(JPS東京支部)

参 加 費:非会員3000円、会員無料

※終了後希望者のみ居酒屋で懇親会17:30~を予定しています。(会費制)

  名古屋支部の行事
名古屋支部
終了しました
4月度ブレイクスルー交流会


日 時:4月9日(火)18:30〜  終了後懇親会
会 場: 欧風居酒屋サヴァサヴァ
 会場地図
       名古屋市熱田区金山町1-2-8 052-682-8580   金山総合駅より徒歩2分  052-682-8580

テーマ: "外国人向大須限定クーポン『大須得』"のあるべき姿について考えよう! Part2
内 容:外国人向大須限定クーポン『大須得』拡散方法について考えます。

プログラム:
18:30 開始 ~ 挨拶
18:40 内容説明
19:00 ワーク開始
20:20 終了(乾杯!)

参加費:100円  懇親会費 3,500円
※ただし、懇親会不参加の場合の参加費は500円
居酒屋のスペースを使いますので懇親会には是非ご参加ください。

参加申込:下記アドレスまでご連絡願います。
E-Mail : y.sato.86@city.nagoya.lg.jp
日本企画計画学会名古屋支部 佐藤宛


主 催: 日本企画計画学会名古屋支部 交流部会


ブレイクスルー土日交流会

開催日時および会場は主催者ページよりご覧ください。

申し込み先・主催:創業デザイン研究会

協力:日本企画計画学会名古屋支部
 
  ブレイクスルー・デザイン思考分会(旧GHIC分会)の行事
 GHIC分会
ブレイクスルー・デザイン思考研究会


日 時: 6月1日(土)13:30~17:30
会 場: 中京大学八事キャンパス42Aゼミ室

       名古屋市昭和区八事本町101−2  052-835-7111  八事駅より徒歩2分
内 容: 青年会議所の巻き込み戦略のデザイン

参加資格:日本企画計画学会会員および会員紹介者
参加費:無料

お問い合わせおよび申し込み先 日本企画計画学会GHIC分会 三輪宛にご連絡下さい。
E-Mail : naoshimiwa@gmail.com

  ブレイクスルーマーケティング分会の行事
EBTマーケティング分会
ブレイクスルーマーケティング分会第5回研究会


日 時5月29日(水)16:00~18:00 5
会 場:
名古屋工業大学   11号館2階会議室
内 容:名古屋工業大学向け自動運転バスの開発関係
今回はAI分会との合同開催によりペッパーを使ったロボットファシリーダーの実験も行います。

参加資格:日本企画計画学会会員および会員紹介者
参加費:無料

お問い合わせおよび申し込み先  日本企画計画学会マーケティング分会 藤田宛
E-Mail : fujita.motohiro@nitech.ac.jp


  人工知能研究分会の行事
 AI分会 終了しました
人工知能研究分会4月度研究会


日 時:4月13日(土)13:30〜16:30  
会 場: 日本企画計画学会本部

       愛知県長久手市郷前2275-1
テーマ:言語による会話型閃き王子の目的展開の開発
内 容:一歩前進して、繰り返しと分岐に成功、次回は会話型ひらめき王子に挑戦します。
      1)目的展開
      2)着眼目的
      3)価値観のAIソフトの完成

参加資格:日本企画計画学会会員および会員紹介者
参加費:無料

お問い合わせおよび申し込み先 日本企画計画学会本部 hibino110@gmail.com


人工知能研究分会5月度研究会知能研究分会4月度研究会

日 時5月29日(水)16:00~18:00
会 場:
名古屋工業大学   11号館2階会議室
内 容:名古屋工業大学向け自動運転バスの開発関係
今回はマーケティング分会との合同開催によりペッパーを使ったロボットファシリーダーの実験も行います


参加資格:日本企画計画学会会員および会員紹介者
参加費:無料

お問い合わせおよび申し込み先  日本企画計画学会マーケティング分会 藤田宛
E-Mail : fujita.motohiro@nitech.ac.jp

   ソートロジーグローバルネットワークのご案内
 ソートロジー
グローバル
ネットワーク
 
ソートロジー分会は、国際的な動きとして現在ソートロジーグローバルネットワークと名称変更して、活発な議論をしています。先ずは、哲学的な議論を煮詰めています。米国のホリンジャー博士、ホーガン氏、イスラエルのカミンカ博士、タイのパインパック博士が、人工知能革命時代の思考について、活発に響創しています。

  連携学会の行事  
  終了しました
第59回クリエイティブサロンのご案内


主 催:学術研究団体 日本創造学会
開催日:2019年5月18日(土)
会 場:SSBC(スマートシニアビジネスクラブ)本部会議室  地図
定 員:定員36名 ※メール申込で先着受付
所在地:東京都中央区京橋2-8-1八重洲中央ビル8F
・JR「東京駅」八重洲南口 徒歩5分
・東京メトロ銀座線「京橋駅」6番出口 徒歩1分


参加費: 会員/無 料  非会員/参加費1000円
※懇親会(希望者)は4,000円程度の実費

《スケジュール》

※クリエイティブサロンは2部構成です。

12:45      開 場
13:00-14:00 第1部 講演会 
講師:橋本義弘氏
14:00-14:15  質疑
14:15-14:45 休 憩
14:45-16:45 第2部 講演会 講師:松前あかね氏

【第1部講演会】 
テーマ: 「フィンテックとその影響について」
講 師:橋本義弘氏
(金融機関勤務、公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員、日本創造学会会員 )

(橋本義弘氏プロフィール)
1964年生れ。金融機関勤務。
1989年に野村アセットマネジメントに入社し、株式投資運用などを中心にキャリアをスタート。その後、海外の資産運用会社2社(米Citigroup、英Prudential)を経て日興アセットマネジメントにて金融機関などを対象とする機関投資家ビジネスを担当。現在は、関西の老舗証券会社である内藤証券の東京オフィスにてM&A(合併・買収)やIPO(新規上場)に係るアドバイザリー業務を担当。今日まで金融業界で30年間を過ごす。

・近畿大学商経学部経済学科(1987年)、近畿大学大学院商学研究科(1989年)。
・公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員
・得意分野:コーポレートファイナンス、M&A、アセットマネジメント、CSRなど。

(講演概要) 
Fintechとは、Finance(金融)とTechnology(テクノロジー)を合せた造語であり、テクノロジーの発達がもたらした金融イノベーションとして語られています。その内容は多岐にわたりますが、ビッグデータやAI(人工知能)の活用、ブロックチェーン技術の活用、金融商品の開発、決済サービスの多様化、仮想通貨など、ITの発達のよってもたらされているものであり、規制の改正とも相まって金融機関が担ってきたビジネスの様々な分野に異業種からの参入を容易にしています。 
更に、従前まで金融サービスを享受することができなかった人々に金融サービスへのアクセスを提供し、経済状況の改善に導く、所謂「金融包摂(FinancialInclusion)」が注目されています。金融サービスや金融機関はどのように変わっていくのか、社会にどのような影響を与えるのか、具体例も交えながら説明を致します。

【第2部 招待講演・ワークショップ】
テーマ:「社会的創造性の形成・展開におけるモデリングの機能 −クレイ・モデリング―」
講 師:松前あかね氏
(九州大学芸術工学研究院 准教授・日本創造学会会員)

(松前あかね氏プロフィール)
大阪府生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了後、地方の宮大工工務店へ飛び込み技術者としてユニークな建築の設計施工に参画する傍ら、事業再生・組織間連携に取り組む。実務家として建築分野・事業分野での様々な共創的プロジェクトを重ねつつ、EUはじめ国内外の大学でのイノベーション教育・研究に携わる。
佐賀大学産学・地域連携機構講師、Gdansk University of Technology客員教授、Katholieke Universiteit Leuven客員研究員等を経て現職。
専門はソーシャル・イノベーションデザイン。社会を「関係性」の織り重なりと捉え、人と人、人と組織、組織と組織の関係性の動的メカニズムの探求に取り組んでいる。

(ワークショップ概要) 
近年、様々な場面で「創造性」が論じられ、とりわけ「イノベーション」や「価値共創」など産業的文脈からの議論が盛んである。しかし、そこでは「創造性」という言葉が、しばしば無自覚に多義的に用いられ、議論が噛み合わず空転することも少なくない。また、集団としての創造性、いうなれば「社会的創造性」が、個人の創造性の延長線上にあることを所与の前提とする論にも些か飛躍をおぼえる。さらには、「社会的創造性」も一括りにはできず、本質的に幾つかの類型が観念できる。
「集団として創造的」とはどのような現象なのか。多くの場合、そのアウトプット(「共創価値」等)に着目した論が展開されるが、それを創出する主体「私たち」にはどのようなダイナミクスが生じているのだろうか。
講演者らは、社会的創造性におけるモデリングの機能に着目し、実務・研究にクレイ・モデリングを導入してきた。本ワークショップでは、クレイ・モデリングを通じ、社会的創造性の形成・展開において「私たち」が辿るダイナミクスを体感・探索したい。

※参加希望の方は、メールにてjcs-info@japancreativity.jpまでお申し込み下さい。
サロンはどなたでも参加できます。
下記[  ]内についてお知らせ下さい。
[氏名/所属/会員or非会員/懇親会参加の有無] 
会員とは日本創造学会会員のことです。日本企画計画学会会員は非会員となります。